安倍晋三



安倍晋三

潰瘍性大腸炎



大丈夫なんだろうか?

総裁とかやって?

総理とかになったら、またアレするんじゃないかなぁ?
続きを読む

脱肛

便秘改善
・ごぼう
・さつまいも
・くらげ
・はちみつ

体内の熱を取り除く
・せり
・うずらの卵
・昆布

脾の機能を高める
脱肛を改善する
・白きくらげ
・なつめ
・もち米
・鶏肉続きを読む
タグ:脱肛

■野菜にも大腸菌が付くのか・・・・

体にいいからって、サラダを食べるのも考え物だな。

大腸菌、思ったよりコワイ。

■モヤシに大腸菌とはウソ臭いな。


どこかの国のかつての厚生大臣みたいだ。

食肉ダラーを守るために、
カイワレ業者の所為にした。


O111

O157と同じく、人体に有害な大腸菌。

牛糞に含まれるため、
大腸からは検出されても、
生肉から検出されるのは不自然だ。

肉の分類の管理がずさんか?
牛フン〜大腸が混入していたのだろう。続きを読む

大腸癌とアスピリン

大腸癌診断後にアスピリンを定期服用すると死亡率が半減する可能性続きを読む

O157 O103 O26 O55

O157以外にも腸管出血性大腸菌感染症は多々存在する。

ベロ毒素は、大腸の腸管上皮を破壊する(下痢が起こる)ので、エンドトキシン(LPS)も血液中へ流入する。また、ベロ毒素は、腸管血管内皮細胞を障害し、腸管粘膜のびらんと腸管出血を起こす。

腸管出血性大腸菌感染症は、HUS発症すると、約20〜30%の症例が、意識障害、、痙攣、眼症状、麻痺、脳症など、中枢神経症状を呈する。

続きを読む

腸管出血性大腸菌感染症 O157

病原性大腸菌O157とはどんな菌か
O157感染により、どのような症状がでるか
下痢症の治療はどのように行うか
治癒の確認方法
二次感染防止のための注意事項
病原性大腸菌O157家庭でできる予防方法

(問い合わせ先)
健康福祉局健康部疾病対策課 044-200-2441
健康福祉局健康部生活衛生課 044-200-2448続きを読む

腸管出血性大腸菌

人に下痢などの消化器症状や合併症を起こすことがあり、病原大腸菌と呼ばれています。病原大腸菌の中には、毒素を産生し、出血を伴う腸炎や溶血性尿毒症症候群(HUS)を起こす腸管出血性大腸菌と呼ばれるものがあります

http://www1.mhlw.go.jp/o-157/o157q_a/index.html#q1続きを読む

虚血性大腸炎 治療体験談

レントゲン、採血し、投薬を4日ぐらい服用し内視鏡検査続きを読む

虚血性大腸炎

ある臓器に動脈の血がいきわたらないことでおこる病気を虚血性疾患といい、心筋梗塞や脳梗塞がその代表です。大腸の動脈がふさがっておきる「腸梗塞」が虚血性大腸炎(きょけつせいだいちょうえん)です。
http://www.iiharaiin.com/cpi_colitis1.html

続きを読む

虚血性大腸炎

大腸への血液の循環が悪くなり、必要な酸素や栄養分が供給されなくなるために、大腸粘膜が虚血となり炎症や潰瘍を生じる疾患です。症状として突然の腹痛、下血がみられます。もともと血管に動脈硬化があるところに便秘などが誘因となって発症するといわれており、高齢者に多いのですが、便秘のひどい若い女性にも時にみられます。

http://health.goo.ne.jp/medical/search/10G30700.html続きを読む

潰瘍性大腸炎(UC)の外科手術を受けた患者が作っているサイト

潰瘍性大腸炎の発病率は10万人に1.95人、実際の患者数(有病率)は10万人あたり30人程、推定患者数は8万人以上(2005厚生労働省調べ)。全大腸型で長らく患うと大腸癌を起しやすいと言われています。(10年で1-2%、15年3%、20年2-8%、25年4-12%。一般の発生率は0.3%)炎症部分が広い方が癌化しやすく、癌化しても潰瘍や炎症の治りかけや治った跡と見分けが付き難い場合があるので、潰瘍性大腸炎発症10年以上では年に一度は大腸癌のサーベイランス検査をする方が良いでしょう。
http://www.nanbyou.net/uc/

潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん、Ulcerative colitis、UC)は、大腸に潰瘍やびらんができる原因不明の疾患。クローン病とともに炎症性腸疾患 (IBD, Inflammatory bowel disease) に分類される。1973年に厚生省の特定疾患に指定された[1]。続きを読む

潰瘍性大腸炎

■概念
潰瘍性大腸炎は主として粘膜を侵し、しばしばびらんや潰瘍を形成する原因不明の大腸のびまん性非特異性炎症である。医科学国際組織委員 (CIOMS)では「主として粘膜と粘膜下層を侵す、大腸特に直腸の特発性、非特異炎症性疾患。30歳以下の成人に多いが、小児や50歳以上の年齢層にもみられる。

http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/009_i.htm続きを読む

潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜(最も内側の層)にびらんや潰瘍ができる大腸の炎症性疾患です。特徴的な症状としては、下血を伴うまたは伴わない下痢とよく起こる腹痛です。病変は直腸から連続的に、そして上行性(口側)に広がる性質があり、最大で直腸から結腸全体に拡がります。この病気は病変の拡がりや経過などにより下記のように分類されます。

http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/009.htm続きを読む
タグクラウド