薬カテゴリの記事一覧

ドロレプタン25


  • ドロレプタン注射液25mgは、全身麻酔剤と呼ばれるお薬に分類され、中枢神経に作用し肉体的・精神的苦痛を取り除きます。
  • 外来患者、QT延長症候群、心疾患の方には使えません。
  • ドロレプタン注射液25mgは、全身麻酔剤と呼ばれるお薬に分類され、中枢神経に薬物を作用させて患者の肉体的・精神的苦痛を取り除くものです。手術のような痛みとストレスを伴う施術の際に用いられます。

    薬価:
    1mLV 123円
    薬効分類名:
    麻酔用神経遮断剤
    https://www.c-notes.jp/medicines/1119401A1036


効能・効果
  • フェンタニルとの併用による、手術、検査、及び処置時の全身麻酔並びに局所麻酔の補助
  • ドロペリドールの単独投与による麻酔前投薬

この薬の作用と効果について

鎮静作用、制吐作用、α-受容体遮断作用により、麻酔用神経遮断剤として、運動反射抑制、精神的無関心、自律神経系の安定化を伴った神経遮断状態をもたらします。前投薬としてのみでなく鎮痛剤フェンタニル注射液との併用により、意識の消失しない状態での鎮痛、鎮静状態を生じさせられます。
通常、手術、検査、および処置時に全身麻酔剤あるいは局所麻酔の補助として、あるいは単独での麻酔前投薬として用いられます。

この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

主な副作用として、発汗、吐き気・嘔吐、血圧降下、体温降下、かゆみ、呼吸抑制、起立性低血圧、頻脈、徐脈、譫妄、傾眠などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。


せん妄(せんもう譫妄、delirium)は、意識混濁に加えて幻覚や錯覚が見られるような状態。健康な人でも寝ている人を強引に起こすと同じ症状を起こす。ICUやCCUで管理されている患者によく起こる。 




続きを読む
タグクラウド