側弯症


横浜のボーンズ+ビヨンド


評判


日本側彎症学会




  1. 曽雌 茂、橋本 蔵人
  2. 東京慈恵会医科大学整形外科
  3. 〒105-8471 東京都港区西新橋3-19-18
  4. Tel. 03-3433-1111
  1. 岡田 英次朗
  2. 東京都済生会中央病院
  3. 〒108-0073 東京都港区三田1-4-17
  4. Tel. 03-3451-8211




「カイロの手法/マニュピレーションは特発性側弯症の治療に効果を持つことは
 証明されていない」ということを正直に述べていることです。



ボーンズ&ビヨンドのHugh Kieu, DC, IDE (ヒュー・キュウ博士)は、米国家認定D.C (Doctor of Chiropractic - カイロプラクター医師)免許取得のカイロプラクター。 日本に本場のカイロを広めるために2004年に来日し、横浜にカイロプラクティックオフィス「ボーンズ&ビヨンド」を開業しました。 さらに2011年、CLEAR(クリア側湾症学会)にて側湾症に専門化した理論と治療技術を習得し、「CLEAR IC認定側湾症治療」 に認定されたことにより、ボーンズ&ビヨンドでは、世界でも有数(※)のこの貴重な側湾症治療を初めて日本で提供できる体制を整えました。
CLEAR IC認定を取得しているカイロプラクターはまだまだ世界中でも限られており、2011年10月時点全世界で約16名です。


全く新しい側湾症治療コース

「手術」「治療器具(コルセット・装具)」を使用しない側湾症治療手法

この新しい側湾症治療は「CLEAR IC認定側湾症治療」と呼ばれ、「CLEAR Scoliosis Institute (クリア側湾症学会)」を中心に、世界のカイロプラクティック医師・側弯症の権威及びエキスパート医師たちによって開発された手法です。

それは側湾症の治療に「手術」「治療器具(コルセット・装具)」を使用しないことを目指すという一見夢のような治療法ですが、米国家によって法制化されたカイロプラクティックの理論と技術をベースに、医療行為として医学的にも正しく裏付けされた上で開発された手法です。


このシステムでは、骨の形を整えるだけではなく、脳、筋肉にも正しい背骨の形を記憶させます。その理論と手法は今でも進化を続けていますが、現時点でもその効果は今までの側湾症治療と比べると飛躍的とも言えるほど効果が現れています。

CLEAR IC認定側湾症治療は、米国家認定カイロプラクティック免許 を取得した上で、CLEAR IC認定資格 を取得したカイロプラクティック・ドクターのみが行うことが許可されています。 この資格を持つカイロプラクターは全世界でもまだ16名 (2011年10月現在) とごく少数です。

bones+beyondが追究する治療とは、単に体の痛みや歪みを取り除くだけでなく、その病気「側湾症」に潜む根本的な原因を正し、体を正常化し、患者様の本当の意味での「治癒」をサポートすることです。

治療と治癒とでは、病人に要求されるもの、その結果においてまったく異なります。 bones+beyondでは、手術やギブスに頼らない、日本の側湾症治療の現状に全く新しい変化と「治癒」をもたらす、世界最高レベルの治療法を提供しております。

CLEAR認定側湾症治療コースのご案内

ボーンズ&ビヨンドのヒュウ・キュウ博士は2011年にこの難関かつ貴重なCLEAR IC認定資格を取得し、CLEAR IC認定ドクターとなりました。 そこで今回、日本で側湾症に悩む方々のために、従来のカイロプラクティック治療に加えて2つの「側湾症治療コース」を新たに開設し、日本での提供を開始し、既に多くの 側湾症治療の実績 があります。

 


遠方の患者様のための「短期集中」治療コース

集中治療コースは、短期間かつ集中的に側湾症の治療を行うプランで、限られた時間の中で最大の効果を安全に得られるように設計されています。 側湾症の状態を正確に把握し、患者様の体に負担をかけないように安全に側湾症の角度を短期間で修正していくのがまさにこの「CLEAR IC認定」の新しい技術です。
「CLEAR IC認定」は「CLEAR認定」に加えてさらに短期間で治療を行うことが可能な理論と技術を習得しています。[詳細]

治療の内容

標準的な内容では、5日〜10日間の間、1日4〜5時間 (週に25-30時間)の治療を集中的に行います。 ボーンズ&ビヨンドでの治療のほか、ご自宅でのトレーニング・リハビリテーションのプランニングもあわせて設計され、その実行方法も細かく指導します。
  • 25度以内の側湾症であれば1週間の集中治療コース、25度を超える場合は2週間の集中治療コースが推奨されています。
  • 30度を超える場合は、側弯症牽引チェアによるご自宅での治療があわせて必要になる場合があります。

治療の回数と期間について

CLEAR(クリア側湾症学会)では、各コースで側湾症を治療するための手法・進め方・期間等についての標準的な目安(ガイドライン)が設けられています。 しかし現実的には側湾症の患者様の状態はそれぞれ異なるため、各症状等によって安全に治療を行うためのプランを計画し実行する範囲がCLEAR認定医師によって定められています。 従いまして、上記期間と回数はひとつの標準的な目安となりますのでご了承下さい。 








この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441264305
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド