肺癌末期と痰

吸引チューブ

挿管

気管切開



chika61183さん

2013/4/2419:17:31

父が肺癌末期で痰がひどく吸引しても吸引チューブが気管に入らず痰が取れません。
SPO2が90〜80台でO2は4リットルでいっています。 明日 呼吸器の先生に相談してくれるようですが 気管挿管する方法もあると看護師が言っていました。父は意識もはっきりしています。
挿管したら楽になるのでしょうか?
呼吸と痰が楽になる方法は他にないですか?
挿管せずに医療麻薬を使ったりしたらどうでしょう?
今 入院している所は緩和病院ではなく 普通の内科の病院です。
緩和病院だったら どうやって楽にするのでしょうか?
病院は医療的な挿管したりして 苦しい思いをするのではないかと思います。挿管して楽になるのであればしたら良いと思うのですが どうしたら良いかわかりません。

閲覧数:
2,282
 
回答数:
1

違反報告


ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

2013/4/2422:04:57

挿管をすれば痰はスッキリ取れやすくなるでしょうが、疾患により痰が多く分泌されるため頻繁に吸引が必要となります。

気管に親指ほどの太さの管を入れるので違和感で苦しむこともあります。
入れるときは気管の入り口が見えるように鉄の器具で喉をえぐるような操作をします。
意識がはっきりするなか行うには苦痛な処置です。
その時に眠くなるような薬を使えばよいですが、それが原因で呼吸筋を麻痺させるかもしれませんし、末期でもあるためそのまま眠り続けるかもしれません。

挿管もしくは気管切開をすれば、本人がどんなに希望しても二度とチューブを抜くことはできないでしょう。
抜くような仕草があれば手足を拘束されかねません。
また、二度と声を出すことも聞くこともできません。

自力で出しやすいようにできるだけ座った体勢で咳をしたり、定期的に左右横向きになり痰が集まりやすくする。
ほかは、挿管はしないが挿管チューブを挿入する操作をし吸引だけ行う方法もありますが医師にしか行えませんから頻繁にはできません。


まずは呼吸器科の医師の見解を聞いてから考えてみてはいかがですか?

そしてお父様がどのような最期を望まれているかが大切だと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428570488
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド