食欲低下・吐き気


食欲低下・吐き気@



食欲がなくなってきたら
余命はどれぐらい?
 
ガンの末期になると
体が痩せ、
食べる量が減ってゆき、
食欲がなくなります。

食欲がなくなると、
最期の一ヶ月間に入ったと
判断することが多い



ガンによる食欲の低下の原因は様々。

どの原因であったとしても
食事ができない状態になったということは
最期の一ヶ月に入ったと判断して
差し支えないと思う。

「感食べられなくなったら終わり」
ということをあなた自身も
直感的に理解できるのではないでしょうか



食欲低下と悪液質



ガン末期になると
悪液質により痩せ、
全身の筋力が衰えてしまいます


外見上は手足の筋肉の
やせ衰えが目立ちますが
嚊む力、飲み込む力、
胃腸を動かす力など
食べるため筋力も
すごく減っているのです

悪液質についての
説明はこちら⇒



どんなにリハビリをしても、
嚊む訓練をしても、
癌はあなたの筋力を
奪い続けます

飲み込む力が衰え、
普通のご飯が食べれなくなり、
お粥を好むようになるでしょう

ガンが進行すれば、
やわらかいものを好むように
なってくることは
理解していただけたのではないでしょうか



  

ガン患者の最期の頃の筋力では
食べ物を飲み込むことが不可能になり、
さらに食べる意欲も奪われるでしょう。

病気が進めば、
水を口に含むことすらできなくなるのです

悪液質により筋力が低下し、
食べれなくなるような状態である場合、
余命は数週間以内でしょう

ガン悪液質と食欲低下は深い関係がある

食欲低下の原因は、
筋力低下だけではない。

ガンの炎症により
様々な炎症性サイトカインが分泌されると、
強い炎症のため食欲がなくなる。

インフルエンザになり、
高い熱が出ると
食欲がなくなるのと同じ理由。

ガンが大きくなればなるほど、
炎症が強くなり
食欲がなくなる

ガンはあなたの筋肉を奪いながら、
サイトカインを分泌し
あなたから食欲を奪い、
食事ができなくしてしまうことでしょう

食欲低下の一番の原因は
悪液質ということは
もう知っていただけたでしょう

次の記事では
吐き気について説明します
次の記事へ→


ガンが大きくなると
異常な炎症のシグナルが増えます。

いわゆる「炎症性のサイトカイン」というものです。

炎症性のサイトカインが
異常に大量生産されると、
筋肉や脂肪が分解され
必要なたんぱく質を作れなくなるのです。


水をこぼしたり、
食べ物を口に運ぼうとして
こぼしてしまうなどの粗相も増える。

そうなると自分自身に
自信がなくなってしまうものです。

自分という存在が失われてゆくことを
如実に感じるようになり、
不安が増悪します。

さらには
迫りくる死に対し
脅えることにもなります。

自分で移動もできなくなくなります。

一ヶ月前まで
自分で移動することができたことを
懐かしく思う様になるでしょう。

筋力が衰えると
長い距離を歩くのが辛くなり、
階段などを上がることはできなくなります。

二階に寝室があったりすると
上り下りが本当に辛くなる。

さらに筋力が落ちると
病院に来るとき歩いて診察室まで
行くことできたが、
車から診察室までを
車椅子で移動するようになるでしょう。

さらに筋力が落ちると家の中の移動が難しくなり、
手すりや杖がないとトイレまで移動できなくなる。


ガン末期の家族ができる最も大切なことは
辛い時間を患者本人と共有し、
残された最後の時を大切にすることです。


何度も申しておりますが、
「そばにいてあげること」
これに勝るものはございません。


しかし、
寝ている時間が増えた患者と過ごす時間を
持て余している家族の方は沢山います。




「そばにいてもしてあげられることがない…」



家族として何かしてあげたいと思う気持ちはあるんだけど
何をしてあげたらいいか分からないという
不安な気持ちはよくわかります。




全然食べてくれないし、
話もしなくなってくる…

少しでも何か口にしてほしいと思って、
いろいろなものを試してみるが、
全然食べてくれない。


家族が患者のことを思って行うことが
全然喜んでもらえないのは寂しいです


よかれと思って行うことが
患者の負担になってしまっては本末転倒ですよね。






体力が少なくなった患者が喜ぶことは何か?



ひとつは入浴です。

がんの末期になると入浴ですら大変なイベントになります。


しかし、多くの方が気持ちよくなり、心が落ち着きます。


入浴後はとても疲れちゃいますけどね。


昼に入浴したら、
翌日までぐっすり寝てしまう方もいるほどです。





体力が落ち、自分で動くことが難しくなった病状で
一人でお風呂に入ることはとても危険なことです


入浴介助は家族にとって重労働になりますが、
自分の家でゆっくりお湯につかれたら、最高です。




もう1つ、患者が喜ぶことはマッサージです。


マッサージは入浴に比べ
危険も少なく、家族にかかる負担も大きくありません。



ゆっくりと肌をさするだけで、
うっとりするぐらい気持ちいいものです。


とくにガンが進行すると体がだるく感じるようになります。


だるさを感じる時に脚や体をさすったり、
軽くもんであげると、
とても喜ばれます。


さすり方の力の入れ方にコツはあります。


末期になると皮膚が弱ってくるので、
柔らかく、ゆっくりとさすならないと
皮膚にダメージを与えてしまいます。


子供が擦るぐらいのやわらかいタッチで行うのがいい。


さすってもらうと、痛みが和らぎ、だるさも緩み
心地よい眠気にどっぷり浸かってゆくことでしょう。



家族とのふれあいは患者の安心感も生まれてきますよね。


ベビーオイルやマッサージオイルを使うと、
肌の摩擦が減り、肌を傷つけません。


エステやオイルマッサージをしてもらったことがある方は
知っていると思うが、
オイルの滑りが、心地よく、
眠気を誘います…zzz


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427337862
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド