脳は抗がん剤が効きにくいため、放射線治療などの方法が選択されます。


肺がんの脳転移


脳は抗がん剤が効きにくいため、放射線治療などの方法が選択されます。


脳は大きく4つに分けて、前頭葉・頭頂葉・側頭葉・後頭葉がありますが、これらのどの部位に転移したかによっても症状が異なります。

特に前頭葉は、運動や言語、精神を司る重要な部位です。ここに転移すると、運動障害や言語障害のほか、人格変化が起こりやすくなります。その人らしさが失われ、感情や思考などが崩壊することもあります。

頭頂葉では、感覚や行動、字を書くこと、計算能力などに関連する部位ですので、これらの障害が考えられますし、側頭葉は聴覚や嗅覚、味覚などの五感に関連しているため、感覚障害が起こりやすくなります。

後頭葉は主に視覚に関与し、ここに転移すると部分的に視野が欠損するなどの視覚障害が生じます。


http://www.haigan-info.com/menu5_8.html

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425463597
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド