転移性脳腫瘍 終末期



吐き気や頭痛はもちろん、麻痺をきたしたり、話せなくなったり


失禁するようになったり、痙攣発作で発症する場合もあります。




脳のできる場所によって本当にさまざまな症状を起こします。




なので、


そういった症状を抑えるためにも脳に転移した腫瘍というのは治療されるべきです。




残された期間をできる限り人間らしく暮らせるようにするためなのです。




もう、脳に転移している時点で、


末期である場合が多いので、基本的には治癒はできません。



ある程度日常生活ができる状態であれば、


一刻も早く、自分のやりたいことをしたり有意義に過ごすべきなんだろうと思います。





何故ならその時間を作るためにこそ治療をしているのですから。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425463494
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド