山中教授がノーベル賞 (ジョン・ガードン共同受賞)


ノーベル賞!おめでとうございます!

生理学・医学での受賞は日本で二人目!


山中教授 関連企業
http://nji.diary.to/search?q=%E5%B1%B1%E4%B8%AD%E6%95%99%E6%8E%88


【ストックホルム共同】スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、2012年のノーベル医学生理学賞を、さまざまな組織の細胞になる能力がある「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を開発した山中伸弥やまなか・しんや京都大教授(50)ら2人に授与すると発表した。

 iPS細胞は再生医療への利用が期待され、生命科学研究の一大潮流をつくった日本オリジナルの画期的な成果。開発から6年のスピード受賞となった。

 日本人の受賞は、10年化学賞の鈴木章すずき・あきら・北海道大名誉教授と根岸英一ねぎし・えいいち・米パデュー大特別教授以来2年ぶり19人目。医学生理学賞は、1987年の利根川進とねがわ・すすむ・米マサチューセッツ工科大教授以来25年ぶり2人目となった。

 同時受賞は英ケンブリッジ大ガードン研究所長のジョン・ガードン氏(79)。

 山中教授は、マウスの皮膚細胞に4種類の遺伝子を組み込むと、さまざまな組織の細胞になる能力を持った万能細胞に戻せることを世界で初めて発見。iPS細胞と名付け、2006年に発表した。07年11月には、人間の皮膚細胞でも成功したと明らかにした。

 万能細胞「胚性幹細胞(ES細胞)」は、生命の萌芽ほうがともいえる受精卵を壊して作るため倫理的な問題が指摘された。また、心臓や神経などの細胞に育てて移植しても、体が異物と認識して拒絶反応が起きる問題があった。iPS細胞は患者自身の細胞から作るため、こうした問題を回避できると期待される。

 ほぼ無限に増やせるiPS細胞から作った体細胞の移植による再生医療のほか、患者由来のiPS細胞を使った病気の仕組みの解明や、新薬の安全性試験など、医療への応用を目指した研究が盛んになっている。

 授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金800万クローナ(約9400万円)が2人に贈られる。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201210080154.html

 

<ノーベル賞>医学生理学賞に山中伸弥氏 iPS細胞作成

毎日新聞 10月8日(月)18時39分配信


<ノーベル賞>医学生理学賞に山中伸弥氏 iPS細胞作成
拡大写真
ノーベル医学生理学賞受賞が決まり、野田佳彦首相からの祝福の電話を受ける山中伸弥教授=京都市左京区の京都大で2012年10月8日午後7時54分、森園道子撮影

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、12年のノーベル医学生理学賞を、京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥教授(50)と英ケンブリッジ大のジョン・ガードン博士(79)に授与すると発表した。授賞理由は「成熟した細胞を、多能性を持つ状態に初期化できることの発見」。山中氏は06年、マウスの皮膚細胞に4種類の遺伝子を入れることで、あらゆる組織や臓器に分化する能力と高い増殖能力を持つ「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を作り出すことに成功。拒絶反応の少ない再生医療や難病の仕組みの解明などにつながる革新的な功績が評価された。最初の成果が米科学誌に掲載されてから6年余りという異例のスピード受賞だ。

【山中教授の歩み】中学時代の写真も

 日本人の受賞は10年の鈴木章・北海道大名誉教授と根岸英一・米パデュー大特別教授の化学賞に続く快挙で、医学生理学賞の受賞は87年の利根川進・米マサチューセッツ工科大教授以来25年ぶり2度目。今回の受賞で日本人の受賞者数は、米国籍の南部陽一郎氏=08年物理学賞=を含め19人(医学生理学賞2、物理学賞7、化学賞7、文学賞2、平和賞1)となる。授賞式は12月10日にストックホルムで開かれ、賞金800万スウェーデン・クローナ(約9800万円)が両氏に半分ずつ贈られる。

 ヒトや動物は、1個の受精卵から体のすべての細胞を作り出している。受精卵は分裂を繰り返して数を増やしながら、心臓、筋肉、神経、皮膚などさまざまな臓器や組織の細胞に変化する。これが「分化」だ。一度心臓や筋肉の細胞に分化した細胞は、分化前の状態には戻らないと考えられてきた。

 ガードン博士は62年、アフリカツメガエルの卵から、遺伝情報を含む核を取り除き、代わりにオタマジャクシの体細胞の核を移植。この卵はそのまま成長し、オタマジャクシと同じ遺伝情報を持つ新たなオタマジャクシに成長した。このことは、いったん分化した細胞でも、再びあらゆる細胞に分化できる「多能性」を持つことを示すと同時に、時計を巻き戻すように「初期化」できることを世界で初めて示した。

 その後40年以上たった06年、山中教授らはマウスの皮膚細胞に4種類の遺伝子を組み込む方法で細胞を「初期化」し、多能性と増殖能力を持つ「iPS細胞」を作った。07年11月には、同様の手法でヒトの皮膚細胞からiPS細胞を作ったことも報告した。

 iPS細胞は、受精卵を壊して作るヒトES細胞(胚性幹細胞)に比べ倫理面の課題が少なく、患者自身や白血球の型が同じ人の細胞から作ることで、拒絶反応の少ない再生医療が実現する可能性がある。患者から作ったiPS細胞を目的の組織や細胞に分化させ、その病気の解明や新薬候補物質の探索、副作用を調べる研究への利用も期待されている。

 山中教授の論文発表直後から、世界中でiPS細胞を使った研究が始まり、日本も京都大などを拠点に国が年間100億円規模の研究費を投入するなど、「オールジャパン体制」で実用化を目指している。

 【略歴】やまなか・しんや 1962年大阪市生まれ。87年神戸大医学部卒。国立大阪病院(現・国立病院機構大阪医療センター)整形外科で臨床研修をした。89年大阪市立大大学院に進み基礎研究に転向。93年に米グラッドストーン研究所に留学、本格的に胚性幹細胞(ES細胞)の研究に取り組んだ。

 帰国後、大阪市立大助手を経て99年奈良先端科学技術大学院大学の助教授に就任し、iPS細胞の作成を目指す。04年京都大再生医科学研究所教授。08年1月新設された京都大物質−細胞統合システム拠点iPS細胞研究センター長、10年には同センターから格上げされた同大iPS細胞研究所の初代所長に就任した。

 08年ロベルト・コッホ賞、紫綬褒章、09年ラスカー賞、10年日本学士院賞・恩賜賞、京都賞など受賞多数。今年6月には優れた技術に贈られる「ミレニアム技術賞」を受賞。08年、米誌「タイム」の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれ、世界的に話題を呼んだ。

 ◇ジョン・ガードン氏

 1933年英国生まれ。62年にアフリカツメガエルの体細胞の核を未受精卵に移植し、コピー個体の「クローン」を作ることに世界で初めて成功。成熟した細胞を、時計を巻き戻すように「初期化」できることを示した。73年からケンブリッジ大教授。

 【ことば】人工多能性幹細胞(inducedpluripotentstemcell=iPS細胞)

 大人の皮膚細胞など体細胞に遺伝子を導入するなどして、体のさまざまな細胞になれる能力を獲得した細胞。山中伸弥教授らが06年にマウスの細胞で成功し、07年11月にはヒト細胞での成功を発表した。患者本人の細胞から作るため、拒絶反応の起きない組織を作ることができ、脊髄(せきずい)損傷や難病の治療に使える可能性がある。「再生医療の切り札」として期待が大きく、世界各国で激しい特許競争が繰り広げられている。ES細胞(胚性幹細胞)もさまざまな組織に分化する能力を持つが、受精卵を壊して作ることから倫理的な問題がある。この点、iPS細胞は倫理的な問題を克服している。最初の「i」が小文字なのは携帯音楽プレーヤー「iPod」にちなむ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121008-00000018-mai-soci

山中伸弥京都大教授が人工多能性幹細胞(iPS細胞)の作製を初めて発表したのは2006年で、研究の評価が確立してから授与されることが多い自然科学系のノーベル賞では、開発から6年というスピード受賞となった。世界の研究の流れを一変させたインパクトの大きさを高く評価したとみられる。

 ノーベル賞を創設したアルフレド・ノーベルの遺言では「前年に人類に最も貢献した人」が対象。だが実際には受賞まで数十年ということも珍しくなく、08年に物理学賞を受賞した南部陽一郎・米シカゴ大名誉教授は半世紀前の理論。化学賞の下村脩・米ボストン大名誉教授がクラゲから蛍光タンパク質を発見したのも40年以上前だった。

 近年のスピード受賞は06年、遺伝子の働きを制御する「RNA干渉」という現象に与えられた医学生理学賞で、発見から8年後の受賞。10年の物理学賞となった炭素シート「グラフェン」は発見から6年後だった。

 過去には1983年に発見された素粒子や、86年に発見された高温超電導物質が、それぞれ翌年に物理学賞を受賞したことがある。

 http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/10/08/kiji/K20121008004286180.html

 

「個人の想像力あふれる発想だ」医学・生理学賞の利根川氏

2012.10.8 20:03 ノーベル賞

 昭和62年にノーベル賞を受賞した利根川進・脳科学総合研究センター長(73)は喜びのコメントを次のように発表した。

 「山中伸弥先生のノーベル生理学・医学賞のご受賞、大変嬉しく思っております。心からお祝い申し上げます。山中先生のご受賞については確信しておりました。いつ頃受賞されるのかと心待ちにしておりました。

 先生のご受賞のニュースに接し、2つの思いが胸に去来しました。

 そもそも学問・研究の成果には、国境・国籍というものは関係ないのですが、それでもこの20〜30年、物理や化学分野で多くの日本人受賞者が出た中で、生理学・医学分野では、受賞者が出ずに参りました。そういう意味でも、今回は日本のために本当によかったと、心から嬉しく思っております。

 2つ目は、山中先生のiPS細胞のご研究は、医学・薬学などの応用分野に多大な可能性を提供しておりますが、もともと、先生の基礎研究における傑出した独創的な発見から始まっています。社会に役立つ技術の開発には、基礎研究がいかに大切かということを証明していただいたという点からも、大変嬉しく思っております。

 個人的には、数年前、理研の脳科学研究所で講演をしていただいたときのことを思い出します。特に、先生の一連の成果が、先生とわずか2人の若い学生という小チームで行われた初期の研究の大発見に基づいていることを知り、自分のケースにとてもよく似ていたため、感慨深いものがありました。近年多くの科学研究が大規模化していますが、そのおおもとにあるのは個人の想像力あふれる発想だという点で、わが意を得たりと思った次第です。

 山中先生がこのご受賞を機会にますますご活躍されることを心から祈っております」

関連ニュース


京大・山中教授にノーベル医学生理学賞 日本人で2人目

2012.10.8 18:54 westピックアップ

 スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、2012年のノーベル医学・生理学賞を、あらゆる細胞に分化する能力があるiPS細胞(人工多能性幹細胞)を開発した京都大の山中伸弥教授(50)と英ケンブリッジ大のジョン・ガードン教授の2氏に授与すると発表した。患者自身の細胞を移植して病気やけがを治療する「再生医療」への道を開いた功績が評価された。

 日本人のノーベル賞受賞は2年ぶりで、米国籍の南部陽一郎氏を含め計19人。医学・生理学賞は1987年の利根川進氏以来、2人目の快挙となった。

 iPS細胞は、あらゆる細胞に分化する能力を持つ万能細胞の一種。これを基に神経や肝臓、心臓などの細胞を作製し、病気や事故で機能を失った患者の臓器などに移植することで、難治疾患を治療する再生医療の実現が期待されている。

 研究はまだ安全性評価の段階で、実際に患者に使われたケースはない。医療分野のノーベル賞は広く実用化した段階で授与されるのが通例で、極めて異例のスピード受賞となった。

 山中氏は平成18(2006)年、マウスの皮膚細胞に4つの遺伝子を導入することで世界で初めてiPS細胞の作製に成功。19年には同じ手法でヒトの皮膚から作製することにも成功し、世界の第一人者として研究をリードしている。

 授賞式は12月10日にストックホルムで行われ、賞金計800万スウェーデンクローナ(約9500万円)が贈られる。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/121008/wlf12100818550014-n1.htm



ノーベル賞に山中教授

2012.10.8 18:45 ノーベル賞
京都大の山中伸弥教授

京都大の山中伸弥教授

 【ロンドン=内藤泰朗】スウェーデンのカロリンスカ研究所は8日、2012年のノーベル医学生理学賞を、体のあらゆる細胞に変わる能力を持つ「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」を世界で初めて開発した山中伸弥京都大学教授ら2人に授与すると発表した。

 
 

野田佳彦首相は8日、山中伸弥京都大教授のノーベル医学・生理学賞受賞が決まったことを受け、「わが国の学術水準の高さを世界に堂々と示すものだ」と祝福するコメントを発表するとともに、山中教授に電話で直接祝意を伝えた。
 首相は「被災地で復興を目指す方々をはじめ、全国で数限りない方々が受賞に目を輝かせ、勇気づけられることと思う。日本人の一人として誇りに思っている」と称賛。「世界に雄飛する人材をしっかりと育んでいくとともに、今後とも科学技術の振興に努めていく」との方針を示した。(2012/10/08-20:58)




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。