4571 ナノキャリア

大腸がんの標準的治療薬「オキサリプラチン」の副作用を少なくするため、
東京大大学院医学系研究科の片岡一則教授らが
約5年前に開発した新薬「ダハプラチン誘導体ミセル」が、
がん細胞だけに効果的に作用することが実証された。

癌治癒を目指す企業
http://225ff.seesaa.net/category/5686607-1.html

http://225ff.seesaa.net/article/169923108.html抗がん剤を“ナノサイズ”のごく小さなカプセルに入れて投与することで、抗がん剤が効かなくなったがん細胞の増殖を抑えることに、東京大学の研究グループがマウスを使った実験で成功し、ヒトへの応用が期待されます。

東京大学の片岡一則教授の研究グループは、直径40ナノメートル(1メートルの2500万分の1)というごく小さなカプセルに薬を閉じ込めて、がんなどの病変に直接働く薬の開発を進めています。今回グループが注目したのは、抗がん剤が効かなくなった大腸がんの細胞です。この細胞は、抗がん剤を繰り返し投与されているうちに、薬の成分が近づくと、その成分の働きを抑える物質を出すように変化しています。研究グループは、抗がん剤をカプセルに閉じ込めて、直接、がん細胞の中で働くように設計すれば効果が出るのではないかと考え、ヒトの大腸がんの細胞を移植したマウスを使って実験しました。その結果、マウスに注射したカプセルは、抗がん剤だとは気づかれずに細胞の内側に入り込んで働き始め、がん細胞の増殖を抑えることが分かりました。抗がん剤が放出されると赤く光るようにしたカプセルを使うと、がん細胞の核の近くで光ることが顕微鏡でも観察されました。片岡教授は「ピンポイントで攻撃する、いわば『トロイの木馬』のようなものだ。臨床試験で安全性を確認し、5年以内の実用化を目指したい」と話しています。
http://www.nhk.or.jp/news/html/20110106/t10013242331000.html

ストップ高買い気配。一部で、大腸がんの標準的治療薬「オキサリプラチン」の副作用を少なくするため、東京大大学院医学系研究科の片岡一則教授らが約5年前に開発した新薬「ダハプラチン誘導体ミセル」が、がん細胞だけに効果的に作用することが実証されたと報じられている。米医学誌サイエンス・トランスレーショナル・メディシンで発表されたもよう。この新薬は、同社が昨年から欧州で臨床試験を行っているとも伝わっており、関心が高まっているようだ。
http://money.jp.msn.com/investor/stock/news/newsarticle.aspx?ac=F05018110106&cc=12&nt=10

バイオ関連〜癌関連
ここもと、バイオ関連銘柄に、
癌関連の材料からの動意が目立つ。
http://nji.diary.to/archives/3878965.html

バイオ関連株
2342 トランスジェニック
http://nji.diary.to/archives/3867439.html

2369 メディビック
http://nji.diary.to/archives/3863538.html 

4571 ナノキャリア
http://nji.diary.to/archives/3775769.html

4564 OTS
http://nji.diary.to/archives/3775702.html
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

■4571 ナノキャリア について
Excerpt: 1/06¥19010 S高買い気配新年早々、気配で昨年来高値更新。東大の片岡教授らは微小カプセルに抗がん剤を入れ投与すれば、がん細胞を効率よく殺せることをマウスの実験で確認。「サ ...
Weblog: ◆新興市場・テーマ株・急騰株・IPO株式攻略◆
Tracked: 2011-01-06 13:39

バイオテクノロジーで人類の未来を切り開く企業・ナノキャリア・2
Excerpt: http://nji.diary.to/archives/3775769.html 2/23 個人投資家向け会社説明会開催 アジア・エクイティ・バリュー・リミテッド 2011/02/15 17,25..
Weblog: 〓健康なまま年をとりたい・・・・〓
Tracked: 2011-02-23 17:29
タグクラウド