尿検査でがんを見つける

尿検査でがんを見つける方法を、東京都臨床医学総合研究所とバイオベンチャーのトランスジェニック(本社・熊本市)などの研究グループが開発した。 早期の大腸がんで6割以上の高率で見分けることができた。血中のたんぱく質をはかる従来の検査に比べて感度が高く、体への負担もないという。すでに特許を取得し、国内のメーカーと共同でがん検診用キットを開発している。

 同研究所の川喜田正夫博士らのグループが開発したのは、尿に含まれる化合物「ジアセチルスペルミン」の量を抗体検査で調べる方法。この化合物は細胞の増殖に関係している。増殖する細胞で分泌されると、血液中をめぐって尿と一緒に排出される。がん細胞は増殖能力が高いため、体内にあると尿にこの化合物がより多く含まれるということは知られていた。

 研究グループは、マウスの免疫細胞からこの化合物を特異的にとらえる抗体を作り出すことに成功。この抗体を使って尿にある化合物の量を調べ、早期がんでも見分けられることをがん患者で確かめた。

 その結果、大腸がんでは248人中75.8%をがんと判別。粘膜や大腸壁にとどまる早期の段階でも6割以上のがんを見分けられた。国内のがんによる死者の中で大腸がんは女性で最も多く、男性は3番目に多い。大腸がん検査は、便の中に血が混じっていないか、血液中のたんぱく質「CEA」の量を調べ、さらに内視鏡で確認する。しかし、CEA検査はがんが進行しないと見分けにくく、早期がんを見分けるのが難しかった。この検査方法は乳がんなどにも使えることがわかっている。今後、ほかの早期がんの検査に使えるかどうかを調べる。がんの治療後の経過観察や再発の有無などを確かめる検査にも使える。

 川喜田さんは「ジアセチルスペルミンはどんながんでも尿中で増える。検査値が高いのに内視鏡検査で大腸がんが見つからない場合は、ほかの臓器にがんがある可能性がある。そうした検査への応用もできるだろう」と話す(坪谷英紀)
http://www.asahi.com/health/news/OSK201012080062.html










トランスジェニック(2342)はSTOP高に張り付く 「尿検査で大腸がん発見する方法開発」報道が注目材料に

東京都臨床医学総合研究所と同社などの研究グループが、尿検査でがんを見つける方法を開発したと報じられたことが手掛かり材料に。

早期の大腸がんで6割以上の高率で見分けることができ、血中のタンパク質をはかる従来の検査に比べて感度が高く、体への負担もないという。

特許を取得済みで国内メーカーと共同でがん検診用キットを開発しているとも伝わっており、収益期待が高まっている。

マザーズのトランスジェニック(2342)の株価は13時08分現在、10,000円高の64,900円でSTOP高特別買い気配。

前日終値は、54,900円。
http://mainichi.jp/life/money/kabu/nsj/news/20101209237527.html




トランスジェニック(2342.T: 株価, ニュース, レポート)が買い気配。中国の遼寧MEDI社と25日、中国における尿サンプルによるがん診断薬開発目的の抗体使用に関する独占ライセンス契約を締結したと発表したことが材料視されている。

 

 トランスジェニックは、体外診断薬の研究開発・製造販売・臨床研究事業を展開している遼寧MEDI社に、開発に必要な抗体および測定キットを有償提供。遼寧MEDI社から開発状況に応じたマイルストンフィーならび販売金額に応じたロイヤリティーなどの対価を受領することになる。

http://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPnTK047626620101126

遼寧MEDI Biotechnology(遼寧MEDI社)との間で、中国における尿サンプルによる癌診断薬開発目的の抗体使用に関する独占ライセンス契約を締結したことが手掛かり材料に。

体外診断薬の研究開発・製造販売、臨床研究事業を展開している遼寧MEDI社と共同で、尿中がんマーカー抗体を用いた体外診断薬の開発を進め、中国における尿サンプルによる癌診断薬承認に向けて検討を開始、尿中がんマーカーの中国体外診断薬市場への展開を目指す。 

遼寧MEDI社に開発に必要な抗体と測定キットを有償提供するとともに、遼寧MEDI社から開発状況に応じたマイルストンフィーと販売金額に応じたロイヤルティーなどの対価を受領するため、収益期待が高まっている。     

マザーズのトランスジェニック(2342)の株価は9時59分現在、50,400円で特別買い気配。

前日終値は、43,350円。

http://mainichi.jp/life/money/kabu/nsj/news/20101126235677.html

 11月26日(ブルームバーグ):抗体作製研究に注力するバイオベンチャーのトランスジェニックの株価がストップ高(制限値幅いっぱいの上げ)買い気配。尿中サンプルでがんを診断する新規バイオマーカー(疾病などを評価する指標)関連技術のライセンスを中国企業に供与すると25日に発表。中国での事業化や将来的な収益寄与が期待された。

  午前11時現在、前日比16%高の5万400円で売りが2376株、買いが4562株入っている。

  トランスGの尿サンプルでがんを診断する免疫学的測定法にかかわる特許は、06年6月に日本で、10年4月には米国で成立。今回は同バイオマーカーを用いて体外診断薬を開発する権利について、中国の診断薬メーカー、遼寧MEDIに中国国内での独占的使用権を与える。トランスGは開発に必要な抗体や測定キットを有償で提供するほか、遼寧MEDIから開発状況に応じたマイルストンフィーなどを受け取る。

  トランスG経営企画部の山崎千尋氏によると、今回の契約に伴う収入は今期(11年3月期)業績に「大きくは影響しない」といい、業績予想は変更しなかった。連結売上高は前期比16%減の5億800万円、営業損失は8000万円(前期実績は3億8500万円の赤字)を見込む。

  報道資料では、中国のがんの罹患者は年間282万人(日本は62万人)、同死亡者数は年195万人(同34万人)。中国政府は第11次5カ年計画(06−10年)で、バイオ医薬産業の主要任務として体外バイオ診断薬の開発を掲げ、早期診断を強く促している。

記事に関する記者への問い合わせ先東京 鷺池秀樹 Hideki Sagiike hsagiike@bloomberg.net
更新日時: 2010/11/26 11:42 JST
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920010&sid=aGry0LRJWRHY


この記事へのコメント

GANPマウス技術ライセンス契約締結

http://nji.diary.to/archives/3867439.html
Posted by GANPマウス技術ライセンス契約締結 at 2011年02月25日 09:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

2342 トランスジェニック について
Excerpt: 12/211¥¥88500まで上げてきた。2342トランスG熊本大学と「ヒト化マウスの開発」に関して共同研究契約を締結を好感。日足チャートhttp://money.www.infoseek.co.jp..
Weblog: ◆新興市場・テーマ株・急騰株・IPO株式攻略◆
Tracked: 2010-12-27 13:27

2342 トランスジェニック について
Excerpt: 12/221¥¥88500まで上げてきた。2342トランスG熊本大学と「ヒト化マウスの開発」に関して共同研究契約を締結を好感。日足チャートhttp://money.www.infoseek.co.jp..
Weblog: ◆新興市場・テーマ株・急騰株・IPO株式攻略◆
Tracked: 2010-12-27 16:00
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。