吐き気


吐き気と嘔吐(PDQレジスタードマーク


化学療法と放射線療法は、がん治療を受けている患者さんにみられる吐き気と嘔吐の原因のなかで最も一般的なものです。

吐き気は、無意識に働く身体機能を調節している中枢神経系の一部によって制御されています。嘔吐は脳の嘔吐中枢によって制御される反射現象です。匂い、味、不安、痛み、便通、行不良、いらだち、炎症による体の変化などが嘔吐の誘因になります。

患者さんが以下のような状態にある場合には、吐き気や嘔吐が起こりやすくなります:

    • 以前に受けた化学療法の後に、重度のまたは頻繁な吐き気や嘔吐を経験している場合。

    • 女性である場合。

    • 50歳未満である場合。


    • 消化管、肝臓、または脳に腫瘍がある場合。




    • 腎臓疾患がある場合。

  • 不安を感じている場合。
続きを読む

食欲低下・吐き気


食欲低下・吐き気@



食欲がなくなってきたら
余命はどれぐらい?
 
ガンの末期になると
体が痩せ、
食べる量が減ってゆき、
食欲がなくなります。
続きを読む

患者が喜ぶことはマッサージです。


マッサージは入浴に比べ
危険も少なく、家族にかかる負担も大きくありません。



ゆっくりと肌をさするだけで、
うっとりするぐらい気持ちいいものです。


とくにガンが進行すると体がだるく感じるようになります。


だるさを感じる時に脚や体をさすったり、
軽くもんであげると、
とても喜ばれます。
続きを読む

大腸ガンの初期症状としての吐き気


大腸ガンの初期症状としての吐き気は見過ごされがちですが重要。

恒常的に続く、不可解に思われる吐き気についても、大腸がんの初期症状ではないかと疑ってみる必要があります。


大腸がんは、自覚症状が極めて少ない病気のひとつです。


早期発見のためには、数少ない兆候には敏感でなければならないでしょう。


何しろ、大腸がんの早期発見では、90%以上、専門の先生によっては95%が完治するという人もいるわけですから。

http://daichouganshokishoujou.biz/entry3.html

ドロレプタン25


  • ドロレプタン注射液25mgは、全身麻酔剤と呼ばれるお薬に分類され、中枢神経に作用し肉体的・精神的苦痛を取り除きます。
  • 外来患者、QT延長症候群、心疾患の方には使えません。
  • ドロレプタン注射液25mgは、全身麻酔剤と呼ばれるお薬に分類され、中枢神経に薬物を作用させて患者の肉体的・精神的苦痛を取り除くものです。手術のような痛みとストレスを伴う施術の際に用いられます。

    薬価:
    1mLV 123円
    薬効分類名:
    麻酔用神経遮断剤
    https://www.c-notes.jp/medicines/1119401A1036


効能・効果
  • フェンタニルとの併用による、手術、検査、及び処置時の全身麻酔並びに局所麻酔の補助
  • ドロペリドールの単独投与による麻酔前投薬

この薬の作用と効果について

鎮静作用、制吐作用、α-受容体遮断作用により、麻酔用神経遮断剤として、運動反射抑制、精神的無関心、自律神経系の安定化を伴った神経遮断状態をもたらします。前投薬としてのみでなく鎮痛剤フェンタニル注射液との併用により、意識の消失しない状態での鎮痛、鎮静状態を生じさせられます。
通常、手術、検査、および処置時に全身麻酔剤あるいは局所麻酔の補助として、あるいは単独での麻酔前投薬として用いられます。

この薬を使ったあと気をつけていただくこと(副作用)

主な副作用として、発汗、吐き気・嘔吐、血圧降下、体温降下、かゆみ、呼吸抑制、起立性低血圧、頻脈、徐脈、譫妄、傾眠などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。


せん妄(せんもう譫妄、delirium)は、意識混濁に加えて幻覚や錯覚が見られるような状態。健康な人でも寝ている人を強引に起こすと同じ症状を起こす。ICUやCCUで管理されている患者によく起こる。 




続きを読む

脳腫瘍


脳腫瘍が出来た場合の症状は、大きく三つに分かれます。一つは、脳腫瘍という余分なものが出来ることにより、頭蓋骨で囲まれた内部の圧力が高くなることによって起こる症状です。頭蓋内圧亢進(とうがいないあつこうしん)症状と呼ばれ、頭痛・嘔吐・傾眠などが起こります。もう一つは、脳腫瘍によって直接圧迫された脳の機能が障害されることによる症状です。巣症状(そうしょうじょう)または局所症状(きょくしょしょうじょう)と呼ばれています。そしてもう一つは、脳の一部が異常興奮をきたすことによって起こるけいれん(痙攣(けいれん)、てんかん)発作です。

けい‐みん【傾眠】

意識がなくなっていく第一段階で、うとうとしていて睡眠に陥りやすい状態。
続きを読む


痰について

ここでは痰について、発生メカニズムや原因と病気について、密接な関係にある痰と咳の関係についてや痰に血が混じっている状態(血痰)についてなど、詳しく説明していきます。
続きを読む
タグ: タン たん

肺癌末期と痰

吸引チューブ

挿管

気管切開

続きを読む

低血圧

血圧が下がりすぎた場合、最初に機能不全になるのはたいてい脳です。脳は体の最も高い位置にあり、脳に血液を供給するには重力に逆らわなければならないからです。その結果、低血圧の人は立ち上がったときにめまいや立ちくらみを感じることが多く、中には失神する人さえいます。失神して床に倒れると脳と心臓の高さが同じになるため、血液は重力に逆らわずに脳へ流れることができるようになり、脳への血流量が増えて脳の損傷が防止されます。しかし、血圧があまりに低くなると、脳の損傷を防ぎきれなくなります。

低血圧ではたまに、息切れや狭心症(心筋に血液が十分に供給されないことによる胸痛)が起こります。

血圧がきわめて低くなったまま元に戻らないと、すべての臓器が機能不全になります。この状態をショックといいます(ショックを参照)。

http://merckmanuals.jp/home/%E5%BF%83%E8%87%93%E3%81%A8%E8%A1%80%E7%AE%A1%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E4%BD%8E%E8%A1%80%E5%9C%A7/%E4%BD%8E%E8%A1%80%E5%9C%A7%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%9F%A5%E8%AD%98.html

続きを読む
タグ:血圧 低血圧

末期がん むくみ 尿


むくみ、尿、モルヒネについて
続きを読む
タグクラウド