黄斑上膜


黄斑上膜とは?

眼には、カメラのフィルムにあたる部分が存在します。それが網膜です。網膜は眼球の内側を裏打ちする神経でできた膜で、ここで光を感じ取ります。その網膜の中でも、物体を特に鮮明にはっきりと感じることのできる部分があり、それを黄斑といいます。黄斑上膜とはこの黄斑の上にセロファン状の膜ができる病気です



続きを読む

ビタミンE

ビタミンEとは

 ビタミンEは、油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつです。ビタミンE作用をするトコフェロールという物質には数種類ありますが、このうち最もその作用の強いのはα(アルファ)-トコフェロールです。「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、このα-トコフェロール量(mg)をビタミンEとしています。

どんな働きがありますか

 抗酸化作用により、体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあります。この働きから、体内の細胞膜の酸化による老化や、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化など、生活習慣病や老化と関連する疾患を予防することが期待されています。

どんな食品に多く含まれていますか

 ビタミンEはアーモンドなどのナッツ類や、植物油に豊富に含まれています。その他には、うなぎ、たらこをはじめとした魚介類、西洋かぼちゃ、アボカドなどにも多く含まれています。

上手にとるコツ

 ビタミンEは、ビタミンC、ビタミンAと一緒に「ビタミンACE(エース)」とも呼ばれ、抗酸化作用を持つ代表的な栄養成分です。ビタミンEとビタミンAは細胞膜に、ビタミンCは体液中に存在してそれぞれの持ち場で活性酸素による弊害から体を守っています。このため、緑黄色野菜を植物油で炒めるなどして、それぞれを豊富に含む食品をいっしょにとると効果的です。

どれくらいとったらよいですか

 ビタミンEは不足すると細胞膜の脂質が酸化され損傷されることから、ごくまれに感覚障害や神経症状がみられることがあります。未熟児では赤血球がこわれておこる貧血が知られています。
 一方、過剰症では出血傾向になるという害がみられるのでサプリメントや薬などからの過剰摂取には注意が必要です。日常の食生活ではとり過ぎになる心配はほとんどなく、積極的にとりたい栄養素のひとつです。

http://www.glico.co.jp/navi/dic/dic_17.html

続きを読む
タグ:ビタミンE

側弯症


側弯症、脊椎湾曲症

ウサイン・ボルトや、ジョニー・ロットンが側弯症
続きを読む

誠敬会クリニック銀座



削らずに虫歯治療してくれるそうだ。

自由診療、1本 ¥2万

あの痛み、苦痛が¥2万で解消するなら安いモンだ。

続きを読む

非歯原性歯痛

非歯原性歯痛

 胆管がんの予防


胆管がんはまだ原因がはっきりと解明されていないため、定期的に超音波検査などを受けて早期発見・早期治療を心がけることが大切です。
また、胆管がんは胆石と関係があることがわかっており、胆石(コレステロール結石)を予防することが胆管がんの予防にも繋がると考えられます。

【胆石の予防】
肉類や脂肪分・コレステロールの多い食べ物を控える
栄養(炭水化物・タンパク質、脂質)のバランスを良くをとる
ビタミン類(特にC)を多く摂る
規則正しい食事を心がける(朝食をきちんと摂る)
食物繊維をたくさん摂るようにする
十分に休養をとり、疲れを残さない
定期的に運動をして肥満を防ぐ
糖尿病を防ぐ

http://yobou.skrg.net/tankangan3.html

緑茶・コーヒー摂取と胆道がん罹患との関連


煎茶を飲む量が多くなるとリスクが下がる可能性が示唆されました。

緑茶に豊富に含まれるカテキンは、胆道がんの主要なリスク因子である胆石の生成を抑制する可能性が示唆されています。緑茶を最も多く摂取するグループで今回認められたリスクの減少は、カテキンの抗酸化作用に加えて、胆石予防の効果によるものかもしれません。また、緑茶にはビタミンCや葉酸などのがん予防効果の可能性がある栄養素が豊富に含まれており、特に番茶と比較して煎茶に多く含まれていることから、これらの栄養素が予防効果の一部に貢献している可能性もあります。 コーヒーと胆道がんの関連については、研究が非常に限られています。いくつかのがんで、コーヒーの予防的効果が示唆されており、動物実験で抗酸化物質であるクロロゲン酸などがその効果に関与している可能性が示唆されていますが、胆道がんにおける役割は報告されていません。

 http://epi.ncc.go.jp/jphc/outcome/3746.html

続きを読む

肝内胆管がん

肝内結石などの危険因子が存在しており、これを防ぐのは予防策の一つと言えます。肝内結石とは肝臓のなかの胆管(たんかん)に結石ができる病気で、欧米に比べ日本を含めた東アジアで多くみられます。
続きを読む

「胆管がん」は治りにくい

胆管とは肝臓から十二指腸までの胆汁の通り道であり、胆汁を一時的に溜めておく胆のうと併せて胆道といいます。


その胆管の上皮から発生する悪性腫瘍が胆管がんです。


胆のうがんと共に胆道のがんは発生率の少ないがんでしたが、近年増加傾向にあり更に消化器系のがんの中でも治療が困難とされているのです。



生活習慣、特に食生活が偏っている人は改善が必要です。
脂っぽいお肉中心の食生活はやめて、野菜中心にしてきましょう。


そして海藻類や魚介類、根菜などを積極的に摂ることも胆管がん予防には有効です。
朝食を抜くなども控えて、なるべく3食きちんと食べるバランスの取れた食生活を送ることが大事なのです。


運動不足も解消し、ウォーキングや適度な運動習慣を続けるようにしましょう。



胆管がんには脂質は大敵

脂っぽい食事を好む人、更に野菜をあまり食べない人、運動不足の人、50代以上の年齢で、BMIが27以上の肥満の人は要注意です。



女性の多くが経験しているダイエットでの偏った食生活が胆石を作る原因になるとも


アルコールの多量摂取も肝臓に負担をかけてしまうため、胆管がんを発症しやすくなります


脂質の多い食事は胆管がん予防にはNGです。


脂っぽい食事に野菜不足、甘いものの多量摂取、そして肥満自体も胆管がん発症のリスクを高める要因になるのです。


続きを読む
タグクラウド